磯村医院

禁煙外来

     

ニコチン依存症は治療が必要です。

   
 

当院では2014年8月より、禁煙外来を開始し、禁煙成功への治療とお手伝いをいたします。

タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。

このような禁煙習慣は「ニコチン依存症」といわれ、治療が必要な病気とされています。

病気は意志の力だけで治せるものではありません。

私たちと一緒に「お医者さんと禁煙」を始めませんか?

 

治療の流れ

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間の5回の診察を受けます。
はじめに禁煙状況などから、健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じてアドバイスいたします。

最初の治療
◾️ニコチン依存症のチェックをして、保険診療を受けられるかどうか確認します。
◾️あたなの息に一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)がどれくらい含まれているか、確認します。
◾️相談しながら、あなたの禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインします。
◾️あなたの健康状態や、これまでの禁煙・禁煙歴を確認します。ニコチン切れ症状の対処法など、あなたに合ったアドバイスをいたします。
◾️禁煙補助薬の特徴と使い方の説明をし、あなたに合った薬を選びます。

2回目の治療
最初の受診日から2週間後が2回目の受診日です。
初回に引き続き、呼気一酸化炭素濃度の測定や禁煙のアドバイスなどをいたします。
禁煙を始めて、不安や気になる症状が現れた方は、気軽に相談してください。

3回目の治療
最初の受診日から、1ヶ月後が3回目の受診日です。
2回目の診察と同時に、呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどをいたします。
この頃には、禁煙の様々な効果を実感し始めるはずです。
あなたには、どんな効果が現れているでしょうか?

4回目の治療
最初の受診日から2ヶ月後が、4回目の受診日です。
3回目の診察と同様に、呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどをいたします。
この頃には、禁煙にも大分慣れてきます。

5回目の治療
最初の受診日から3ヶ月後、最後の受診日です。
4回目の診察と同様に、呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどをいたします。
今後、禁煙を続けていく上での不安などを、相談してください。

まずはお気軽にお問い合わせください。
磯村医院 TEL 0586-76-4258

PAGE TOP